Columnコラム

どうして同じ職場なのに不調になる人とならない人がいるのか 2

Column

前回
からの続きです。

 

同じ職場環境で、同じくらいの仕事量、プレッシャーなのに、心身の不調をきたす人とそうでない人がいます。

 

さまざまな要因がありますが、今回は認知について書きたいと思います。

 

認知とは、心理学の世界ではものの捉え方のことを言います。

 

例えば、雨が降っているという状況に対して、

 

「服がぬれてしまう」ととらえる人は雨を見ていやだなと感じ

 

「花粉が飛ばないな」ととらえる人は雨を見てうれしく感じます。

 

つまり同じ雨が降るという事象に対して、認知が異なるとそのあと生じる感情にも変化が生じるのです。

 

仕事でも同様で、同じ状況に対しても認知が異なればプレッシャーに感じたりその逆だったりします。

 

あまりにも客観的には妥当でない認知で本人が仕事ができなくなっている場合は認知を修正することもよい方法でしょう。

 

また前回
のようにコーピングを検討することでも問題を解決することができるかもしれません。

 

当事務所代表は認知行動療法が専門家です。

 

認知行動療法に基づく、ストレスケア研修も当事務所のお勧めする研修です。

興味ある方は、こちらよりお問い合わせください。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら