Columnコラム

ストレスに強くなるためには

Column

心理学の世界では、ストレス反応を低減させる方法としてポジティブな感情を増やすことが有効であることが証明されています。

 

職場でもポジティブ感情を生み出す状態であれば、ストレス反応が低減し、職場でのストレスに強くなることができます。

ではどのようにすればポジティブ感情を創出できるでしょうか?

 

今回は3つの例を挙げまず。

 

1.問題焦点型のストレス対処(コーピング)を行うようにする

 

問題焦点型とは、そもそも問題の解決に争点を当てた対処を行うことであり、根本的な解決を図るものです。ある意味自分の置かれている状況から逃げずに戦うこととも言えます。

 

ストレス対処(コーピング)にはさまざまな種類があります。問題焦点型の対照的なものとしては回避型の対処があります。

回避型の対処とは、たとえば仕事でストレスを感じている時にカラオケやお酒で発散することです。この回避型対処は、一時的にはストレス反応を低減させますが、目の前にある課題は何ら解決していないため長期的にはストレス反応が高くなる傾向があります。

2.肯定的な出来事を自ら作り出す

日ごろから自分自身の中でもユーモアを活用したり、日常の中にあえて小さな”イベント”を設けてポジティブな出来事を作り出すこともポジティブ感情を増やすのに役立ちます。

また日ごろ関わる人々に積極的に自ら感謝の気持ちを伝えることもよいでしょう。自ら働きかけることで、その結果として自分もよい気持ちを受け取るという効果もあります。

 

3.好ましい経験を満喫する

忙しくなってくると、嬉しいとか楽しいとかのポジティブ感情を受け取るセンサーが鈍くなります。日ごろの生活の中で、自分なりのちょっとよい瞬間をみつけ、センサーを意識的に磨く習慣が大切です。一日の出来事でよかったことを書き出したり、朝礼で言うなどし必ず一日一つは見つけるなどするとよいです。

仕事をしていく上において、仕事からくるストレスは逃れられません。ストレスを減らすことができれば一番良いのですが、現実的にはなかなか困難です。

 

今回のポジティブ感情を増やすなどの方法で、ストレスとうまく付き合えるようになると、職場でもいきいき元気に活躍することができます。

 

このようなストレスとうまく付き合うことのできるようになる研修を、当事務所では”セルフケア研修”と名付けています。セルフケア研修を実施すると(特に若い世代)、その後のメンタルヘルス問題の予防にもなり、人材の定着率もアップします。

 

従業員の顔が最近暗い、どうも活気がない、など感じられましたら是非一度当事務所の研修をご検討ください。

 

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら