Columnコラム

SNSで会社をつぶさないために社長は何をすべきか?【経営者向け】

Column

困った男性の図

 

SNS等の拡大により企業に求められているものとは?

昨今、ツイッターやFacebookをはじめとしたSNSがたいへん流行っています。SNSへの投稿が原因で会社の業績にまで影響が出るケースが多くなってきました。ある飲食店では、店員が冷蔵庫の中に入る写真を投稿しそれが炎上(ネット上で騒ぎになること)し大変会社の名誉が傷つきました。

これまでですと、企業に影響を与えるのは新聞や週刊誌に掲載された場合がほとんどでした。しかしながらSNSがここまで発達した昨今では、一社員のスマートフォンで簡単に投稿ができそれが会社に影響を与えることがあります。

 

では、このようなSNSやスマートフォン等が広まった時代に経営者はどのように対処すべきでしょうか?

1つは、きちんと社内ルールを定めることです。
社内ルールの一番の根本は就業規則です。就業規則に最新のSNSまで想定した規程になっていることはまれです。御社の規程は大丈夫でしょうか?

もう1つは、研修です。
いくら就業規則に定めてあるといっても、残念ながら多くの社員は読んでいません。きちんとどのような距離感でSNSと付き合うのかを啓発する必要があります。

もちろん社員に対して、SNSをするなとは言えませんが、たとえば所属している会社は書かない等一定のルール作りが大切です。
炎上のリスク、そのことによって自身も含めた仲間がこうむる迷惑を説明することで社員の納得を得ることはできるでしょう。

 

メンタルヘルス対策やストレスチェック導入だけではなく、Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所では、「社長専属カウンセラー」として経営者の方の悩みをとことん聴くことができます。まずは一度お問い合わせください。




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら