Columnコラム

こんな症状に要注意! ○○が出たら熱中症かもしれません

Column

梅雨もあけ夏本番となってきました。

 

昔は熱射病と言われた症状は、今熱中症と言われています。

 

たかが熱中症とあなどるなかれ。死亡者もでますので注意が必要です。

 

また、屋内でも熱中症になる方がいますので、以下の症状がでたら熱中症かもしれないと考えてください。

 

1度(軽症)

めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗

立ちくらみなどが症状としておきます。熱失神と呼ぶこともあります。

 

2度(中等症)

頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感(からだがだるい)・虚脱感(からだに力が入らない)

体がぐったりする、力が入らない等従来熱疲労と言われている状態です。

 

3度(重症)

意識障害・けいれん・手足の運動障害,高体温

体にさわると熱いという感触があります。従来熱射病と言われていたものが相当します。

 

熱中症が疑われる人を見かけたら…

 

エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

 

衣服をゆるめ、からだを冷やす(特に、首の周り、脇の下、足の付け根など)

水分・塩分、経口補水液を

 

涼しい場所へ

からだを冷やす

 

水分補給
自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

 

昨今の節電の流れで、熱中症は職場でも起きうる症状となっていますので上記知識を正しく管理監督者へ伝えることで、職場での熱中症を防ぐことができます。

 

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら