Columnコラム

今年の問題にも出た社会保障協定

Column

駐在員などで海外へ滞在する場合、原則としてはその国の年金制度にも加入します。

 

しかしながら、海外駐在員はそれほど長期にその国にいるわけではないので、これまでは掛け捨てになることが多くありました。

 

例えば海外から日本へくる場合、年金の受給権を得るためには25年間保険料を支払い続けないといけません。

 

駐在員あるいは派遣する企業にとっては大変な負担となっていました。

 

そのような状況を踏まえて国間では社会保障協定というのを結び、お互いの国へ行く人へ、母国での加入を条件に派遣国での加入を免除するという制度を作成しました。

 

平成25年の社会保険労務士選択試験でも出てきたので、記憶にある人も多いかとお思います。

 

ちなみに、日本政府は8月23日、ハンガリーとの社会保障協定に署名しました。同協定は、独、英、韓、米、ベルギー、仏などに続く17番目の社会保障協定となります。

 

来年の試験では、ひょっとしたらハンガリーを選択式で抜いてくるかもしれませんので本ニュースは要注意です。

 

また同じような考えの制度として、租税条約というものもあります。

 

また後日解説しますが、海外人事をしているうえではとても大事な制度なので、言葉だけでもチェックしてみてください。










※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら