Columnコラム

緊急地震速報におもう

Column

本日の17時ごろ携帯電話から、久しぶりにサイレンが鳴りました。

 

緊急地震速報のあのいやなサイレンです。

 

東日本大震災の際には毎日のように鳴っていたことを思い出してしまいました。

 

当初は奈良を中心に震度7という情報もあったのですが、幸いにして誤報とのことでほっとしました。

 

しかしながら、一時的にネットがつながりづらくなったり、不安な時間を過ごしました。

 

地震速報もある意味心理テストと同じ、目に見えないものを測定(今回は地震の起きるその時点での予見性)するものと言えます。

 

以前の記事
にも書いたように、テストには感受性と特異性の両面のバランスが大切です。

 

感受性が高すぎると毎日のように、地震速報が流れてしまいますし、特異性が高すぎると本当の地震の時に役に立たないこともあります。

 

いずれにせよ影響が大きい試験を毎日24時間運営されている、気象庁は本当に大変だなと思います。

 

少しぐらい感受性が高くてもいいので、いざという時に被害を減らすべく頑張ってほしいと思います。

 

 








※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら