Columnコラム

Twitter騒動!

Column

最近よく耳にする、Twitterでの従業員の不適切画像公開。ローソンを皮切りに、バーガーキング、丸源も騒動になっているようです。

 

企業としては、普段から社員教育をするとともに、就業規則の懲戒項目を再検討する必要があるかもしれません。

 

就業規則に定めがない場合は、Twitterや他のSNSで書き込みをしても(与える損害の程度にもよりますが…)、原則的には懲戒にすることは難しいからです。

 

就業規則を定める際には、具体的な項目とともに社会通念上妥当であるかという点をよく検討する必要があります。

 

あまりにも過剰なもの(例えば、従業員のSNSの使用を在職中は禁止する等)は、社会通念上妥当でなく(そもそも本人の表現の自由などを過剰に害している)無効とされることが多いと思われます。

 

従業員のモラルに訴えると同時に、適切な就業規則での牽制がよいのではないかと思います。

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら