Columnコラム

異動や出向なんていやだ!

Column

 

ある相談がありました。

 

「社員に異動を命じたら、いやだといわれました」というものでした。

 

事業主の方への説明としては、

 

1.配置転換命令が有効であるためには、労働契約上の根拠が必要であること

 

2.通常は就業規則や労働協約の規定が配置転換命令の根拠とされていること

 

を説明しました。

 

逆に無効になる例として気を付けないといけない点として、

 

1.業務上の必要性がない場合

 

2.配置転換命令が他の不当な動機・目的で行われた場合(嫌がらせによる退職強要など)

 

3.当該配転が労働者に通常甘受すべき程度を著しく越える不利益を負わせる場合

 

これらに該当する場合には権利の濫用として無効であるとされています。

 

異動は、サラリーマンにとって大変負荷の大きい反面、得られる経験も大きいものです。

 

スムースにいくように上司はサポートしていきたいものです。

 

上記を説明した上、事業主及び上司の方には、異動の意味や、その人の業務の必要性、将来のキャリアパスを丁寧に説明することで、納得を得ることができるのではないか、とアドバイスしました。

 

 

最終的には普段からのコミュニケーションが大事だとは思います。

 

 

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら