Columnコラム

モデリング効果

Column

 

心理学の世界では、モデリングという考えがあります。

 

モデリングとは、観察学習ともよばれ、

 

注意→保持→運動再生→動機づけ

 

 

の4つの過程からなるとされています(たとえば、Bandura,1973)。

 

 

実際の場面では、

 

大きな声で挨拶をしている人の、大きな声の挨拶に気づく(注意)

 

自分も大きな声での挨拶の仕方を覚える(保持)

 

実際に大きな声で挨拶してみる(運動再生)

 

大きな声で挨拶したことにより相手から褒められる(動機づけ)

 

という過程を経て、その人の大きな挨拶をするという行動が維持強化されていきます。

 

職場の活気がないという相談をよく受けますが、

 

モデリングの考え方を利用しまずは挨拶を増やそうとすると、

 

①まずは、一人でもいいので大きな挨拶をする(社長自らでもOKです)

 

②同じく大きな挨拶をした人を称賛するなど、行動を強化する。

 

 

ことにより、職場での挨拶行動が強化されます(挨拶だけが活気とも言えませんが…)

 

同様に、職場で望ましい行動を増やしていくには、

 

まずは、そのような模範となる行動を示す→同じ行動をとった人を

 

称賛したり表彰したりすることにより強化することが大切です。

そう考えると、一般的に「社長自ら背中で語れ」という昔ながらの考えも、心理学的な根拠があるのですね。

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら