Columnコラム

6月病を防ぐためには【すべての働く人向け】

Column


ゴールデンウイーク明けの5月に体調を崩す方が多くおられます。よくその現象を5月病などといっていました。
近年多いのが、6月に体調を崩す6月病という現象です。
どちらも時期が違うだけで、同じ原因であることが多いです。

 

5月、6月病に共通する原因とは??

 

以前の記事、ストレスチェックでよく聞くストレスとはそもそも何か?【全労働者向け】
でも書いた通り、ストレスとは変化です。
日本では4月に大きな人事異動や入社があるため、変化が大きい時期であると言えます。
そのため、5月や6月に体調を崩すことが多いのです。

 

防ぐためには??

 

5月6月病を防ぐためにお勧めしているのは、ストレスコーピングなどの技術ももちろんなのですが、もっと簡単な睡眠リズムを整えることをお勧めしています。
体調不良は、メンタル、フィジカル問わずすべて睡眠に影響を及ぼします。逆に言えば睡眠を大事にしていると、体調を崩す可能性が減っていくと言えるのです。

そのためには、休日に寝だめする等せず、できるだけ一定のリズムで、そして日中はできるだけ日光に当たる時間を設けることが大切です。
睡眠リズムが崩れているな?最近眠れてないなというのは、不調の前兆ですので早めに対処し、ストレスフルな時期を乗り切ってください。








※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。

※公認心理師必須センテンス(学研メディカル秀潤社)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-4400-6735

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら