Columnコラム

ストレスチェックを実施したのに実施していないと言われた!?【経営者向け】

Column

水たまり

 

ストレスチェック制度が義務化されて1年以上経ち、多くの企業で2回目の検討をしている時期です。

ストレスチェック制度は、1年に1回定期にと法律で定められているため、去年と同じ時期に実施するのが良いでしょう。そういう意味では年末近くがストレスチェック制度実施のピークともいえます。

さて、ストレスチェックを去年実施したのに、労働基準監督署から要件を満たしていないので義務を果たしていないと指摘を受けたというご相談を受け始めています。

 

ストレスチェックを実施したのに要件を満たしていない??

 

ストレスチェックをしたのにダメと言われるのはどのようなケースでしょうか?

いろんなパターンがありますが、ストレスチェックの実施者がいないケースが多くあります。

 

ストレスチェック制度は、実施者(医師・保健師、研修を受けた看護師・精神保健福祉士)が実施し、内容を確認していることが必須となっています。

しかしながら指摘を受けた多くの企業では実施者が存在しなく(あるいは存在する確証がない)、その点を指摘を受けています。

当事務所ではすべての個人結果に実施者である医師の記名押印をしています。このことで実施者が確認した確証としているのです。

御社では、きちんとストレスチェック制度には実施者がいることの確証はあるでしょうか?実施者がいないのは論外として、いたとしてもきちんと確証があることが大切です。

 

2回目の実施の前に一度ご確認ください。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら