Columnコラム

休職から復職に向けてどのように指示をすればよいか【経営者向け】

Column

観覧車の図

 

 

休職期間中あまり多くの担当者から連絡をとることを避けた方がよいことは、以前の記事で紹介しました(詳しくは、休職者との関わりでやってはいけないこととは をご参照くださいhttp://cp-sr.com/archives/4702)。

休職期間中に主治医のもとで療養し、さて復職直前となったとき会社としてはどのようなことをすればよいでしょうか?

さまざまなことがありますが、今回は休職中のすごしかたについて紹介したいと思います。

休職期間中(特に復職直前)に従業員の方にしてほしいことは?

休職期間中に従業員の方にしてほしいこととして、普段の勤務時間中は図書館にいるなどして、復職の準備をしてもらうことです。

ここでのポイントとしては、勤務時間中ということです。多くの方が休職中は気晴らしや趣味に時間を使います。

しかしながら、復職後日常の勤務がはじまるとそのような時間は勤務時間外にすることとなります。

いくらジムに行って汗を流してリフレッシュしていたとしても復職後は、そのような時間は勤務時間外か、休日にしかとることができないのです。

ですので休職されている従業員の方に、きちんと復職の準備として朝、通勤の時間帯に起きる(できれば駅まで行くなどして通勤訓練も)、することと勤務時間中はある程度不自由な状態にしてもらうことが大切です。

もちろん産業医や主治医の意見も聞きながらではありますが、このような準備をしておくことで復職後も体調を崩さず、復職できる可能性が高まります。

現在休職していて、復職間近な方がおられましたら是非一度アドバイスしてみてください。

もちろん休職の前にストレスチェックなども活用して、休職の前段階で防ぐことも大切です。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら