Columnコラム

海外駐在員のストレスチェックはどうすべきか?【経営者向け】

Column

図書館の図

 

ストレスチェックが義務化された企業にとって、まず義務化対象となった事業場でのストレスチェックの実施は必須となっております。

その際に案外見逃しがちなのが、海外駐在員や海外出向者の存在です。法律的には海外の事業場で働く方に対するストレスチェックの実施義務はありません。

 

 

しかしながら、法律に規定されていないからと言って駐在員のケアはしなくても良いのでしょうか?

 

当事務所では明確にノーと言っています。というのも海外駐在員の方はそもそも日本からの情報が少なく、疎外感を感じがちです。また、慣れない環境で一人働いていることも多く体調を崩しやすいです。

そういう意味では日本の事業場と同等あるいはそれ以上のケアをしてあげることをお勧めします。

例えば、医師の面接指導の制度をWEBで導入した場合はその対象を海外事業場にも広げてあげるなどです。

大切なのは、きちんと海外で働いている仲間を大切にしているというメッセージが伝わることです。

ストレスチェックが導入され、義務化対象のみを考えていると、義務化対象外の事業場からのモチベーションが低下するという例も散見されています。そうなってしまうとせっかくの制度もあべこべな効果をうんでしまします。

できれば同じ企業内ではすべて実施するなど配慮が必要と感じます。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら