Columnコラム

休職・復職時のトラブルを防止するポイント【経営者向け】

Column

メンタルヘルス

多く寄せられる労務トラブルの相談

労務問題の相談を多く受けていると、労使間でトラブルになるのは休職や復職時に多いということに気づきます。

体調が思わしくなく、不安でああるというのも要因の一つですが、そのようなトラブルを避けるために会社としてはどのように対処するのがよいでしょうか?

休職・復職時のトラブルを防止するためには

「社内ルールをきちんと定めておく」

ことが大切です。

休職や復職については、社内ルールがきちんと明確に定められておらず、その都度その都度担当者がケースバイケースで対応している会社が多くあります。

ケースバイケースである意味柔軟な対応をしているように思えるのですが、ここがトラブルの元であることが多いです。

メンタルヘルス疾患に関わらず、体調が悪いとき人は不安になりがちです。仮に会社の統一したルールがない場合、体調が悪い時に会社へルールを尋ねたとしても、担当者も判断することができず、そのことが不信感につながるケースが多いのです。さらに○○さんのときはこうだったのに、どうして私はこういう対応なんだろうと、ケースごとに対応が違うことで不満がたまりやすくなるのです。

そのような事態を避けるため、就業規則はもちろん、休職・復職取り扱いマニュアルを作成し、少なくとも人事部門に問い合わせがあった時は対応が一貫しているようにすべきです。

マニュアルがあることで、毅然とした対応をとることができ、その結果社員からの不公平感も低減し、結果として復職がスムーズになることが多くあります。

休職・復職マニュアルと言っても大変そうだ、どうしてよいのかわからなくて不安だと感じられましたら、「社長専属カウンセラー」である当事務所へご相談ください。ご不安をとことんお聴きしたうえで、不安が解消され社長が本業に集中できるようになります。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら