Columnコラム

悩んでいる部下の話を上手く聴くポイント【管理職向け】

Column

はてなな女性の図

 

聴くと聴くの違い

企業での管理職研修をしていてよくお伝えするのですが、相手の話の聞き方には、「聞く」と「聴く」があります。

「聞く」は通常の会話でいうところの聞くです。

一方
「聴く」は相手の思っていることを理解しようとして聴くことであり、傾聴であったり、アクティブリスニングと言ったりします。

仕事をしているときは、多くは「聞く」ことが多いとは思いますが、例えば部下の方から相談を受ける際には「聴く」必要があります。

 

聴くためのポイント

では、聴くためには、何をすればよいでしょうか?

実はコミュニケーションの成立要素は、アルバート・メラビアン博士の研究によると、

・顔の表情  55%
・声の質や大きさ 38%
・話す内容     7%

であるとされています。

実際には、言葉以外のノンバーバルコミュニケーションが93%を占めていることとなります。
よく傾聴といえば、相手のいうことを繰り返せばよいのでしょう?と誤った理解をされている管理職の方がおられますが、実際には例えば姿勢や腕くみをしているか、目はどこを見ているかといったことのほうが傾聴には大切になってきます。

 

あなたの職場で、部下を多々したまま、腕を組んで話を聞いている方はおられませんでしょうか?

 

そのような職場では、まず管理職のコミュニケーションスキル研修が大切です。

上司に聴きやすい環境を作ることで、メンタルヘルス対策になり休職者を予防するだけではなく、業務の効率化にもつながります。

 

ぜひそのようなことを実現する管理職研修を導入してみませんか?Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所ではそのような業務効率向上につながる研修を提供しております。




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら