Columnコラム

メンタル対策は何から始めればいいのか?

Column

本日は最近よくお問い合わせを受ける相談についてお答したいと思います。

 

2015年12月にストレスチェック義務化の施行が決定して以来、事業主・人事責任者の方から多くのお問い合わせをいただいております。
(ストレスチェック義務化については、

こちらをご参照くださいhttp://mbp-tokyo.com/officecpsr/column/40346/

 

その中でも多いのが、今日のタイトルでもある「メンタル対策は何から始めたらいいの?」という質問です。

多くの中小企業では、何となくストレスチェックが義務化されたことはご存じでも、何からそして、誰に相談したらいいのかを悩まれるケースがとても多いです。

そのような企業様は是非当事務所へお問い合わせいただければと存じます。

 

当事務所では、ダブル顧問パッケージの中に労務監査・メンタルヘルス体制診断が含まれております。
(ダブル顧問パッケージについては、

こちらをご参照ください http://mbp-tokyo.com/officecpsr/column/40217/

 

その中でも重視するのは

・現状の就業規則
・実際の運用
・人的なリソースです

 

メンタルヘルス対策は、例えばストレスチェックをやりさえすれば終わりというものではなく、会社の制度トータルで考える必要があります。
(詳しくは、「ストレスチェックだけでメンタルヘルス対策になるのか」で詳しくお知らせしています

http://mbp-tokyo.com/officecpsr/column/40183/

 

また、実際の運用もとても大切です。ある会社ではきちんとして休職・復職のルールが定められてはいましたが、社内で周知されておらず、人事担当者すらそのルールを把握していませんでした。そのような状態では、仮に就業規則通りに運用したとしても、従業員からこれまでの運用と違うと不利益な扱いだとトラブルになる可能性があります。

 

まずは、現状の問題を把握して、その後課題を解消していくという、メンタルヘルス対策も他のコンサルテーションと同じ手順を踏む必要があります。

当事務所では、臨床心理士と社会保険労務士というこころと法律の専門家として、メンタルヘルス対策はもちろん人事制度トータルで頑張る人がより頑張れる環境作りを支援することができます。

 

当事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

業務案内は下記をご参照ください。

http://www.officecpsr.com/contents1.html

 

今月は無料個別相談会を実施しています。日程は下記より個別相談会日程希望と入力ください。

https://mbp-tokyo.com/officecpsr/inquiry/personal/

その他お問い合わせも↑よりお願いいたします。

 


Office CPSR
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.officecpsr.com

 




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら