Columnコラム

離席が多いと相談を受けたときは

Column

人事責任者あるいは、事業主から社員の離席が多い場合はどうしたらいいかと相談を受けるケースがあります。

 

そのような場合、さまざまなパターンがあるのですが、今回は3つのケースを紹介いたします。

 

1.実際に労務問題として離席が多い

 

仕事をさぼるために頻回に離席をするケースです。離席しトイレの個室などで時間をつぶす、たばこを吸う、職場以外を徘徊し時間をつぶすケースがあります。

 

 

 

2.職場の人間関係

 

離席が多いという人の実際の離席回数をカウントしてみると、ほかの方より少ないというケースがあります。この場合は、離席という問題ではなく職場の人間関係が悪化しており、それが離席が多いという訴えという形で出てくるという場合があります。

 

 

 

3.メンタルヘルス問題の場合

 

何らかの体調不良の結果離席を繰り返していることがあります。そのような場合安全配慮義務を履行するため管理職は手立てを考えなくてはなりません。

 

上記はこれまであった典型例で、実際にはほかにもいろいろなケースがあります。

 

大切なのは、就業規則にきちんと離席時のルールが書いていることと、管理職が部下の勤怠をきちんと管理するという意識を持つことです。

 

離席をどうしようとだけ考えても、上記3つの例からもわかる通りケースによって対応は異なってきます。

 

異なる対応をすることで問題が長期化し、職場の雰囲気がさらに悪化してしまうことはよくあります。

 

そのような職場での悩みに対して相談できるのが当事務所のダブル顧問パッケージ
です。臨床心理士と社会保険労務士がこれまでの上場企業での人事経験と併せて、最適な解決策を提案いたします。

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら