Columnコラム

職場活性化策として○○活動をしてみよう!

Column

 

 

職場の活性化として、頑張る人がより頑張れる評価制度や人事制度や賃金制度をいろいろと提案してきました。

 

変わり種として、実はこんな提案をしたことがあります。

 

それは、結婚を促進するイベントをすることで、職場活性化させるという例です。

 

メンタルヘルス問題を抱え、長引くのは周囲の援助が少ない独身者が多いです。

 

特に提案した会社は、平均年齢が45近くなっており、男性の半分が独身でした。

 

実際にメンタルヘルス対策をしていての私見ですが、特に独身男性で結婚していない社員が治療に時間がかかる印象があります。

 

実際のイベントでは、社員有志を集め周囲の企業とも共催で婚活イベントを開催しました。

 

その結果社内のコミュニケーションが活性化されたのはもちろん、周囲とのコミュニティが広がり職場が明るくなりました。

 

実際にイベントの実行委員の一人はそれをきっかけに結婚しました。

 

このように平均年齢が高く独身率が高い職場では、とてもよい施策になる可能性があります。

 

一方労働基準法的に注意したいのは、あくまでもこのようなイベントを実施するときに有志を本当に募るということです。

 

事業主側から強制すると(あるいは無言のプレッシャー)それは業務命令となり賃金の支払い義務が発生します。

 

せっかくよいイベントをしようと考えても、無理強いすると逆効果になりかねません。

 

実施時にはその点慎重に行っていただければと思います。

 

組織活性化の第一歩として、まずはこちら からお問い合わせください。

 

 




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら