Columnコラム

サマータイムをどうするか

Column

 

 

東日本大震災の時の電力不足への対応で一気に広がったのがサマータイム(就業時間の前倒し)です。

 

あるメーカーでは、就業時間を1時間早め、その結果残業抑制につながったケースもあります。

 

しかしながら、どの制度もそうなのですが、惰性で去年実施していたから今年もとすると機能しないことが多いです。

 

サマータイム導入の目的として、

 

・電力削減なのか

・残業抑制なのか

・ワークライフバランスの推進なのか

 

を再度原点に立ち返り、再検討する良い機会なのではないでしょうか。

 

また、就業時間を変更する際には就業規則に根拠が必要です。

 

これまで世間的な流れだからと実施していた事業所では、就業規則が対応していないケースが散見されます。

 

併せて是非ご確認ください。

組織の好循環を生むため、まずはこちら
からお問い合わせください。

 




※お問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

◆ お問い合わせフォーム ◆



※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら