Columnコラム

海外駐在員のモチベーションを上げるには

Column

海外へ事業展開している会社で、海外駐在員として社員を派遣している場合も多いと思います。

 

当事務所が海外駐在員約100名にインタビューした結果、海外駐在員の不満の一番が本社側からの配慮が足りないということでした(二番目は処遇に関するものでした)。

 

 

配慮が足りないことを具体的に聴いていくと、

 

・テレコン(あるいはテレビ会議)で開始時間が日本に合わされており、場合によっては休日出勤になる(例えばアメリカと会議するのに日本の月曜日9時開始だった)

 

・メールで資料要求がきたが、納期が日本時間で書かれている

 

・海外の支店の各社へ調査をしないといけないが、調査票がすべて日本語でまず翻訳することが必要

 

等です。

 

海外駐在員は、多くの場合一人で日本からの窓口として孤軍奮闘しています。

 

異なる文化でいろいろと苦労もして頑張っている駐在員をより頑張れるために、日本側でも細かな気遣いをしていく社内文化を作っていきたいものです。

 

お互い細かな気遣いをしあえるのが、頑張る人がより頑張れる環境作りの一つかと考えるからです。

 

そのような環境作りのお手伝いを当事務所はすることができます。


 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら