Columnコラム

白黒つけすぎるのはやめよう

Column

よく白黒つけよう!など、物事をはっきりとどっちか判断することが求められます。

 

ビジネス上はそれでもいいのかもしれませんが、日常生活上はあまりに白黒だけで考えると逆に選択の幅が少なくなることがあります。

 

例えば白黒つけるということは、0か1で考えるということです。

 

例えば、原子力発電が危険かどうかと0か1で考えると、確実に1で危険です。一方火力発電も1で危険となってしまいます。すべての発電施設にはなんらかの危険があるからです(リスク0の手法は存在しないからです)。

 

危険だからやめようと原理主義的な考えとなり、現実的な解決策に結びつきません。

 

そこで、0か1ではなく、0か10で考えることが大事です。

 

たとえば、原子力発電は危険度8、火力発電は危険度5(あくまでも適当な数値です)となると、あとはコスト等別の要因とともに検証することができるのです。

 

日常生活でも、好き・嫌いという0か1だけでなく、どのくらい好き、あるいはどのくらい嫌いと10段階で考えることで、幅広く考えることができ、解決策に結びつくことが多くなると思います。

 

是非一度お試しください。

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら