Columnコラム

養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置について

Column

産前産後休職をへて、復職する際に、子どもが3歳になる日まで時短勤務をするケースは多いと思います。

 

その際に、標準報酬月額が低下しても(保険料は低下したときの金額)、年金額に反映されるのは時短前の標準報酬月額という制度があります。

 

それが、養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置というものです。

 

社員にとっては、社会保険料が安くなるにもかかわず(事業主にとっても会社負担が安くなります)、将来もらえる年金額は低下しないというありがたい制度です。

 

必要書類としては、

・厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書

・戸籍謄本

・住民票

 

となります。

 

ただし、この制度の認知率は高くないです。

 

本人からの申し出があった場合のみ、となっていますので事業主の方におかれましては、積極的に制度の活用を促したいものです。

 

 

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら