Columnコラム

エフィカシーってご存知ですか?

Column

ビジネス用語でもよく聞かれる、コンピテンシー、コンフリクト、ストレス、最近ですとレジリエンス等これらはすべて心理学の用語となっています。

 

 

本日は、そのなかでもまだ日本ではあまり聞くことが少ない、エフィカシーという言葉について簡単に解説したいと思います。

 

 

エフィカシーとは、自己効力感と訳され、一般語だと「自信」が一番近い概念だと言えます。

 

 

エフィカシー(正確には、self-efficacy)には、結果予期と効力予期の2つに分けられ、

 

結果予期は、

ある行動がどのような結果を生み出すのか

効力予期は、

ある結果を引き出すために、どの程度うまく行動できるか

 

 

という概念になります。

 

エフィカシーが高い人は、行動を起こしやすく、また成功する可能性が高いと言われています

 

ビジネスの世界においてもこのエフィカシーを高めることが大切です。

 

エフィカシーを高めるための環境づくりを目的とした管理職研修は当事務所の得意とする分野です。

 

社員が今一つ自信がない、活気がないという職場の事業主の方は、ぜひ一度当事務所へご相談いただければと思います。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら