Columnコラム

良いテストの見分け方

Column

採用試験や性格検査、など採用時あるいは、昇進昇格時に社外のテストを利用することは多くあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

当事務所代表は、研究室時代多変量解析や統計学を専門にしていたこともあり、上記テストを作成するのがある意味得意でした。

 

 

 

 

 

 

 

その際に重要な概念として、感受性と特異性という概念があります。

 

 

 

 

 

 

 

感受性とは、

 

 

 

 

 

 

 

ある構成概念に合致するときの検出力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特異性とは、

 

 

 

 

 

 

 

ある構成概念に合致しないときの検出力

 

 

 

 

 

 

 

と定義されます。

 

簡単な例として、

 

 

 

 

 

 

 

大阪府民テストというものを作った場合、

 

 

 

 

感受性が高いテストとは、あなたは日本人ですかといった質問が多くあるもの(日本人の下位概念が大阪府民)で、

 

 

 

 

特異性が高いテストとは、あなたは東京人ですか?といった質問があるものとなります。

 

 

 

 

 

 

 

テストの良さは、感受性、特異性の両方が高いものがよいテストとされています。

 

 

 

 

 

 

 

営業などで新しいテストを発売しましたともってこられた場合は、「では感受性特異性はそれぞれどれくらいですか?」

 

 

と尋ねるようにしてください。

 

 

 

 

きちんと統計学的に作成された試験は必ず、上記係数を算出したうえで妥当性の確認をしていますので、即答できるでしょう。

 

 

 

 

それが答えられない、あるいはなんですか?感受性特異性って?というテストは導入しないほうが無難でしょう。

 

 

 

 

統計学的にも正しい妥当なテストを導入することで、社内での適正な処遇につながり、頑張る人がより頑張れる環境作りにつながると思います。

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら