Columnコラム

産業分野への関心

Column

今回は、プロフィール(特に大学以降の職歴)について書かせていただきたいと思います。

 

 

Office CPSR代表は、

 

1999年

早稲田大学人間科学研究科人間健康科学科

に入学しました。

 

実は高校生である受験生のころはいったいどんな学部なんだろう??と特に考えもせずに受験し、合格してから「あ~心理学とかできるんだ。なんかおもしろそう」といった動機で入学しました。

 

入学してから一番初めに受けた授業が当時早稲田大学教授の坂野雄二先生の「事例検討法」という授業でした。

 

その授業では、これまでの心理学といえばやれ幼少期の○○が~などというイメージがありましたが、行動療法とは、どうしてその問題が維持されているのか、という科学的なアプローチであることを学び衝撃をうけました。その授業を受けて、行動療法を自分の専門にしようと心に決めました。

 

その後臨床心理学の道を邁進し、

 

2003年

早稲田大学大学院人間科学研究科行動科学・臨床心理学専攻臨床心理学コース

 

という長い学科名の大学院へ入学しました。

 

当時は、臨床心理士の第一種指定校であったということもありかなりの倍率でした。毎日のように図書館へ通い勉強していた思い出があります。

 

大学院時代は研究活動に特に励み、修士2年間で自分が筆頭著者である原著査読論文や海外での論文、共同研究などで論文を執筆しました。

 

また、小学校や中学校、相談室臨床、あるいは青年のカウンセリング等を担当しました。

 

また左側(PC版のみ)のリンクにもあるようにEAPハンドブックの翻訳にも参加しました。

 

そのころに実習でEAP会社へインターンに行っていた関係で、実習先とは別ですがEAP会社へ就職しました。

 

EAP会社では、企画やストレスチェックの運用・報告、等人事の方々と触れ合う機会が多くなり自分も実際に人事の仕事を深くやってみようと考え、メーカーの人事部へ転職いたしました。

 

人事部では、給与・労務・海外人事・健康管理と幅広く経験させていただきました。

 

より深く理解しようと、社会保険労務士の勉強を始め2012年に合格→Office CPSRを開業いたしました。

 

当事務所のほかにはない特色としては、

 

①臨床心理士、産業カウンセラー、社会保険労務士という資格を保有している

 

②EAPプロバイダーでの実務経験をもっている

 

③実際に人事での実務経験を豊富に有している

 

であると思っています。

 

本特色が、御社の事業のお役に立てると確信しております 。

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら