Columnコラム

人に拒否されたらおしまいだ!?【すべての働く人向け】

Column

PC

 

働いている人のカウンセリングをしていると、ある一定の割合でご自身に自信がない方に出会うことがあります。

そのような自信のない方の中には「人に拒否されたらおしまいだ」と強く思いこんでいる方もいます。

 

 

このような場合どうしたらよいでしょうか?

 

さまざまな方法がありますが、認知行動療法の祖であるアルバート・エリス博士の例をご紹介したいと思います。

 

アルバート・エリス博士は論理療法の祖で、現在の認知行動療法の元になった考え方を提唱された一人です。

 

 

実際のアルバート・エリス博士の例

 

アルバート・エリス博士は、ひどい人見知りという悩みがあり、特に女性とはまるで話をすることができませんでした。

 

しかしながら、20代の時に人見知りを直そうと決意されました。

 

 

どうしたのか??

 

アルバート・エリス博士は、100人以上の女性を誘うという、行動を実行したのです。

 

その結果デートに応じてくれた女性はわずかでしたが、それは思ったほどアルバート・エリス博士にとって絶望的なことではありませんでした。

 

その結果、アルバート・エリス博士は「人に拒否されたらおしまいだ」という不合理な信念が修正され人見知りを直すことができたのです。

 

 

考えを変えるのがいいのか行動を変えるのがいいのか??

 

認知行動療法は、得てして考えを変えさえすればよいと誤解されることがあります。

 

しかしながら認知行動療法のポイントは「変えやすいところから変える」です。

 

得てして認知を変えるのが最も変えやすいケースが多いので、認知だけ変えればよい(あるいはポジティブに考えさえすればよい)ととらえられがちですが違うのです。

 

アルバート・エリス博士のように、行動から変えてもよいのです。

 

実際に悩んだ時、考え方を変えればよいというのはわかってるけど、変えられないというときは是非一度行動を変えてみてください。

 

そのようなアシストをしてくれる、認知行動療法を行うクリニックも増えてきました。そのようなところをうまく活用するのもおすすめです。








※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら