Columnコラム

ストレスイコール悪者なのか?【全労働者向け】

Column

ストレスはそもそも悪いものなのか?

 

ストレスチェック制度義務化も始まり、にわかにストレスという言葉を聞くことが多くなってきました。

ストレスチェック・ストレスマネジメント・ストレスに打ち勝つなどという言葉を聞くと、多くの人がストレス=悪であると考えてしまいます。

こころの専門家である臨床心理士・産業カウンセラーとしてストレスについて解説していきたいと思います。

そもそもストレスイコール悪なのか??

ストレスとは、外部からの変化です。ストレス事態はどちらかというとパフォーマンスを上げてくれるものです。

受験生の時に、家では集中できず外で勉強したという経験をお持ちの方もおられるのではないでしょうか?

また、我々が太古に類人猿であったとき天敵に遭遇した時を想像してください。手に汗握ることにより、グリップ力が増強され早く逃げることができるのではないでしょうか?

まさにこれが適切なストレスです。専門的にはユーストレス(eustress)といいます。つまり適度なストレスはパフォーマンスを上げてくれるのです。

では、ストレスチェック制度を代表とするストレスは何を図っているのでしょうか?

それは、ディストレス(distress)と呼ばれる、過度のストレスに他なりません。下記図表の通り、ユーストレス(eustress)が行き過ぎるとディストレス(distress)となり、パフォーマンスが低下してしまいます。

eustress

ストレスマネジメントなどは、このディストレス(distress)の対処を目的にしているのです。

ストレスはゼロにすればよいというわけではありません。適度なストレスにして、ディストレス(distress)からユーストレス(eustress)にしていくことが、仕事をしていくうえで大切であるといえます。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら