Columnコラム

ドイツ飛行機事故に見る、従業員がうつを隠していた場合の会社の責任について【経営者向け】

Column

woman

報道によると

3月24日にフランスの山中に墜落したドイツの飛行機事故は、副操縦士の故意によるものという結論になりそうです。

報道によると、なにやら直前に精神科を受診し勤務禁止の診断書をもらっていたにもかかわらず、自室で破り捨てていたとも報道されています。

報道では、うつ病ということになっていますが、専門家的にはその診断には疑問が残ります。うつ病であるかどうかは別として、従業員が会社に知られると不利になると考え、病気を隠すということはあり得る事態です。

従業員が病気を隠していたとして

では、会社は従業員の病気を知らされていなかったと言って、責任から逃れることができるでしょうか?

実は最高裁の判例により、会社は従業員が会社に伝えていなかったとしても、従業員の体調不良を察知し、適切に対処することが求められているのです。

つまり、会社は従業員の不調に気づかなければならないのです。さらに言うと気づいた上で対処しなければならないのです(結果予知と結果回避義務です)。

そのためにはどうすればよいか?

それは、管理職が日々のコミュニケーションから気づくこと、あるいは同僚が日々のコミュニケーションから気づき上司につなげることです。

一口に気づくといってもなかなか難しいものです。

どうすれば、管理職が気づくようにできるのかと感じられましたら、社長専属カウンセラーである当事務所までご相談ください。

経営者や人事部長のお悩みをとことんお聴きすることにより、本業に集中できるようになります。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら