Columnコラム

職場でうつから復職してきた社員に接する際に気を付ける2つのポイント

Column
t02200196_0800071313147806869

 

経営者、管理職の人にとって、例えばうつ病から復職してきた従業員の対応とはとても難しく感じるものです。
なにか、世間では励ましてはいけない等と聞くから、そもそもどのように話しかければいいかわからないというお話はよく聞きます。

よくある例として、復職者を自身のそばに置き、朝つらいと聞けば出社時間を遅らせる、仕事はしなくていいからと、仕事を配慮するというものがあります。

しかしながら、上記配慮は、逆効果になることが多いです。

なぜなら、そのように配慮されていることで、復職者からすると、なにか自分は役に立っていないと感じてしまい、また症状が悪化してしまうことがあるからです。

また、復職者の周囲の人は、どうしてあいつだけ配慮されているんだと何か頑張ることがバカらしくなってしまうという面もあります。

そうなると、職場はどんどんと悪循環が蔓延し、もはや生産性の高い職場にはならなくなってしまいます。

そのようにならないために、どのような点に気を付けて復職者と接すればよいでしょうか?

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所では、以下の2点をいつも強調してお伝えしております。

1.健康を心配していることを伝える

2.チームの大切なメンバーであることを伝える

の2点です。1だけですと、先ほどのようにあべこべの結果になってしまいます。また、2.を強調しすぎると、復職者の方にはプレッシャーになってしまう場合があります。要は2つのバランスが大切です。

このようなポイントは、なかなかすぐに実施することは難しいです。

管理職研修などを通じて、繰り返し継続的に訓練することが大切です。その訓練が生産性の高い職場につながります。

そのような管理職研修をOffice CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は提供しておりますので、ぜひ一度導入をご検討ください。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら