Columnコラム

うつから復職してきた部下が残業しているときの対応

Column

 

今日は、実際にあったケースをもとに対応を紹介していきたいと思います。

 

「Aさんは、うつ病との診断で半年間休職していました。3か月前から復職となり、当面残業禁止との産業医の指示を受けています。ところが、Aさんは最近、17時の終業時間から1時間程度ではありますが、会社に残り、仕事をしています。最近気づいたのですが、昼休みは一人で目立たないところで昼寝しているようです。」

 

上司であるB課長は、仕事はたくさんあるので、Aさんが仕事をしているのは助かるとは感じていましたが、張り切りすぎてまた体調を崩してしまうのではないかと心配です。

 

このような時、上司としてどのように対応すればよいでしょうか?

 

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所では、このような相談があった場合以下のように答えます。

 

Aさんは、復職して休んでいたことに対する負い目があり、早く仕事に復帰したいのかもしれません。とはいっても張り切っている本人に早く帰りなさいというのも、かえってストレスと考えるかもしれません。

 

しかしながら、うつをはじめとする、メンタル不調者の方への対応で一番大切なのが「仕事をさせすぎない」ことと、「服薬を医師の指示のとおり続ける」ことです。

 

上司であるB課長は、例えば終業時間間近に「そろそろ今日の報告して。その後片づけて帰るように」、「お疲れ様。そろそろ時間だね」など積極的に声をかけるなどして、帰りやすい雰囲気づくりをすることが大切でしょう。また同僚にも協力を求めて、職場全体として帰りやすい雰囲気を作ることも有効です。

 

また、服薬に関しては、上司が服薬を勧めるという考えではなく、上司が服薬に対して否定的な言動や態度をとらないことが大切です。

 

いずれにせよ、本人に対しては、きちんと会社と医師の指示を守ることを徹底する。また周囲には配慮を求めつつも、その代わりに頑張っているメンバーへの配慮も忘れないこと(これが一番忘れがちです)が、大切です。

 

そのような、支援体制のお手伝いを専門家であるOffice CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所はすることができますので、メンタルヘルス対策で困ったときには、まずお問い合わせ下さい。

 

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

 

業務案内は下記をご参照ください。

http://www.officecpsr.com/contents1.html
↑クリックでWeb問い合わせフォームが開きます

今月は無料個別相談会を実施しています。日程は下記より個別相談会日程希望と入力ください。

https://mbp-tokyo.com/officecpsr/inquiry/personal/

その他お問い合わせも↑よりお願いいたします。

 


Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.officecpsr.com

 

 




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら