Columnコラム

朝部下が出社しない時の対応

Column

 

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所に寄せらせる相談で、案外多いのが、「ここ3日間、部下が出社しないですけど、どうしたらいいでしょうか?」というものです。連絡がある場合はまだよいのですが、無断欠勤である例もよくあります。

 

このような場合の、一番の問題点として、相談に至るまで(問題だと感じるまで)すでに3日間放置していることがあります。

 

欠勤とは、そもそも労働契約上もっとも放置してはならない状態です。しかしながら、往々にして「最近の若い者は」、「昨日飲みすぎたんだろう」、「あの人はいつもそう」などと言って、見逃されがちになっていることがあります。

 

そのような職場は、勤怠管理がずさんで、欠勤以外にも時間外労働の把握など基本的な労働環境管理があいまいなことが多いです。

 

さて、本題の朝社員が出社しない時の基本対応ですが、

会社所有の独身寮を持っていて、そこに入寮している新入社員が朝来なかった場合、

1.まず現場の管理職が本人に連絡する。

2.それでも連絡がつかない場合は、人事へ連絡の上独身寮へ向かう

3.会社所有の鍵で入室する

4.不在の場合は、親御さんへ連絡する

 

という業務フローを社内に浸透させておくことが大切です。

 

場合によっては、地方から出てきた新入社員が不慮の事情で、倒れているかもしれないからです(会社所有の独身寮の場合、場合によっては社員が立ち入ることもあると一文説明書や規定に入れておくとよりよいです)。

 

同じことは独身寮以外の社員にも言えます。きちんと緊急連絡先を整備しておくことが大切です。

 

いろいろと相談を受けていると、無断欠勤が常態化している職場が見受けられます。

そのような状態になる前に、全社として欠勤はあり得ないものという風土をはぐくむことが、頑張る人が頑張れる環境づくりの一つになると思います。

 

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

業務案内は下記をご参照ください。

http://www.officecpsr.com/contents1.html

 

今月は無料個別相談会を実施しています。日程は下記より個別相談会日程希望と入力ください。

https://mbp-tokyo.com/officecpsr/inquiry/personal/

その他お問い合わせも↑よりお願いいたします。

 


Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.officecpsr.com

 

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら