Columnコラム

高齢者雇用の問題点

Column

 

年金の支給開始年齢の引き上げや、2007年度以降の団塊の世代の定年退職に伴う労働力人口の減少もあいまって、高齢者雇用安定法が改正され、平成18年4月1日より65歳までの雇用延長が義務付けられました。実際には移行期間があり、65歳までの雇用延長が引き上げられるのは平成25年4月1日以降でした。

 

雇用延長には、

 

1.定年の引き上げ
2.継続雇用制度の導入
3.定年の定めの廃止

 

があります。多くの企業で2.を選択しています。

 

継続雇用制度を実施している企業の多くで、法に従い特に何も基準を定めることなく継続雇用を実施している企業があります。

 

ここに問題点があります。企業の目的が、あくまでも法に基づき雇用を延長することだけになっているケースを散見します。

 

せっかくこれまでのベテラン社員が社内にいるのに、特に仕事もなく社内を散歩しているだけという光景を見ます。

 

これは本当にもったいないことだと思います。これまで会社を築いてきたベテラン社員が、自発的に後進に技術を伝承するような制度や雰囲気を作ることが会社には求められているのではないでしょうか?

 

たとえば、ベテラン社員が勉強会を企画しやすい制度設計や報奨制度などです。

 

会社としてすべてのリソースがイキイキと働ける環境こそが、当事務所の理念である「頑張る人がより頑張れる環境作り」です。

 

そのような会社作りのお手伝いを当事務所はすることができます。

当事務所は、中小企業のメンタルヘルス対策、人事制度、組織活性化に強みがあります
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

業務案内は下記をご参照ください。

http://www.officecpsr.com/contents1.html

 

今月は無料個別相談会を実施しています。日程は下記より個別相談会日程希望と入力ください。

https://mbp-tokyo.com/officecpsr/inquiry/personal/

その他お問い合わせも↑よりお願いいたします。

 


Office CPSR
臨床心理士・社会保険労務士事務所
東京都町田市中町1-4-2 町田新産業創造センター2F
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.officecpsr.com

 


 




※お問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

◆ お問い合わせフォーム ◆



※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら