Columnコラム

管理職はメンタルヘルスの専門家にならないといけないのか?

Column

新任管理職研修を実施し、メンタルヘルスの知識をお伝えすると管理職の方は、自分たちがメンタルヘルスの専門家にならなくてはならないと、間違った認識をされる方がいます。

 

当事務所の管理職研修では必ず初めに「管理職になったからには、事例性の評価のプロになってください」とお願いしています。

職場のメンタルヘルス問題は2つの切り口があります。

事例性

 

・仕事に支障が出ていないか

 

・業務上・職場内の問題解決をいかに図るか

 

・専門家にどうつなぐか

 

疾病性

 

・どのような誘因によるどのような病気か(診断)

 

・病状はどうか

 

・どのような治療が必要か

管理職に求められているのは、上記2つのうち事例性です。疾病性は医師などの専門家につなぐことが大切です。

 

事例性を見極めるためのコツは、また後日ブログ上でお知らせしたいと思いますが、まず2つの役割分担があるということを正しく理解いただければと思います。

 

正しい知識を得られる管理職研修を実施することで、職場のメンタルヘルス問題は激減します。

 

 

 








※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら