Columnコラム

雪の日に会社を休みにする時

Column

最近の天候不良はすさまじいものがあります。

 

先週も雪国山梨県で、集落が孤立するなど自然災害への備えは企業運営を続けていくうえで必須です。

 

地震や台風雪などで、明日会社を休みにしようと判断することは、経営トップが迅速に判断する必要があるでしょう。

 

経営の意思を受けて、人事部門としては、

 

・休業(休業手当の支給が必要)

・振替(就業規則にも定めが必要)

・みなし勤務(社員は喜ぶが、経営としては苦しい)

 

を選ばなくてはなりません。

 

振替を選ぶときの注意点として、明日例えば休みにすると決めたとして、その時にあらかじめいついつを振替えると決めなくてはならないことが挙げられます。

 

この手続きを忘れると、振替が無効となり、出勤日が休日出勤扱いとなり手当の支給が後日必要になりますので、注意してください。

 

事前に振替の手続きを整理(当事務所では定型の通知文にすでに振替日を書く欄を設けています)することが大事です。





※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら