Columnコラム

熱中症になった時の対処法

Column

暑い日が続きますね。

 

関東では今週いっぱいこのような暑さが続くようです。

 

さて、屋外屋内問わず、めまい・けいれん・吐き気・意識障害・頭痛などの症状がでたら熱中症だと思い対処するほうがいいでしょう。

 

軽度であれば社内でもゆっくり冷房の効いた部屋で、水分補給と脇の冷却で対処できるかもしれませんが、対処が判断できない場合や、社内に保健師、看護師などがいない場合は、素人判断せずにすぐに救急車を呼ぶほうがいいでしょう。

 

熱中症に似たような症状としては脳梗塞というリスクもあり得ます。大事を取って専門家に任せるというのも会社としては必要かと思います。

 

会社で救急車を呼ぶときのポイントとしては、可能であれば会社近くではサイレンを鳴らさないように依頼すること、あるいは裏門より入ってもらって、ほかの社員の方への動揺を抑えるという点があります。

 

日頃から有事の際には誰がどのように役割分担をするか訓練しておくのがよいでしょう。

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら