Columnコラム

定期健康診断の受診率は100%ですか?

Column

安全衛生法で事業主には、定期健康診断を実施することが義務付けられており、義務違反には50万円以下の罰金に処せられます(法第66条1~3項、法第120条)。

 

 

定期健康診断の個人票は、法令で5年間の保存が義務付けられています。

 

また、常時50人以上の労働者を使用する事業主は、定期健康診断結果報告書を健康診断実施後遅滞なく、所轄労働基準監督署長へ提出しなくてはなりません。

 

 

また、定期健康診断時に賃金を払うかどうかは、「賃金を支払わなくてもよいが、支払うことが望ましい」となっています。

 

 

せっかく法律で決まっていることなので、会社としては受診率100%を目指すべきです。

 

 

さらに、法定の健康診断を怠っていた場合(法第66条違反)や健康診断結果の労働者への通知を怠り(法第66条の6違反)、結果として病態を憎悪させた場合などのように、労働安全衛生法の直接規定に違反する場合には、民事上の健康配慮義務違反も同時に成立するケースが多く、会社としてリスクが高いことも認識しておきましょう。

 

 

そのために、啓蒙活動(労働者は、事業主の行う健康診断を受けなければならない:労働安全衛生法第66条第5項)や、就業規則に受診義務を定めるなど対応が大切です。

 

 

「社員の健康は何が何でも守る!」という事業主からの強い意志を示すことにより、頑張る人が安心して頑張れる環境作りができると思います。








※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら