Columnコラム

中小企業ほどストレスチェックをはじめとしたメンタルヘルス対策が大切です【経営者向け】

Column

なかなか手が出ない現状

これまでの中小企業でのメンタルヘルス対策というのはどちらかというと後手後手に回っていたというのが現状ではないでしょうか?私の事務所でも、相談に来ていただけるケースで予防をやりたくてという経営者の方は残念ながら少なく、多くはトラブルになりどのように対処してよいかわからない、というケースが多く相談として寄せられてきます。では、中小企業では本当にメンタルヘルス対策の必要はないのでしょうか?

職場でのメンタルヘルス問題を抱えている社員が存在する割合

休職者割合の図

上記はメンタルヘルスに問題を抱えている社員の数を社員数ごとに比較した調査です。注目すべきは30名未満であっても999名未満であってもそれほど数値が変わらないという事実です。これは、中小零細企業であってもメンタルヘルス対策が必要であるということを如実に示しているといえるでしょう。

今回ストレスチェックが義務化されるのは、50名以上の事業場とされました(50名未満は努力義務)。しかしながら、どのような規模であってもメンタルヘルス対策は必要ですし、一人が休職などで欠けたインパクトは、少なければ少ないほど大きいはずです(例えば1万人の会社で1人休職するのと、10名の会社で1名休職するのでは、どちらがインパクトが多い気でしょうか?)。

当事務所では、小規模であってもきちんと社員のメンタルヘルス対策をしたいという経営者の方からのお問い合わせをお待ちしております。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら