Columnコラム

褒めるのがいいのか、叱るのがいいのか

Column

管理職研修の後に、管理職の方と話していると、新入社員や若手社員に対して、褒めるのがいいのか叱るのがいいのかという質問をよく受けます。

一概には言えませんが、ある心理学者E.B. ハーロックの実験をご紹介いたします。

ハーロックは、

A:いつも褒める

B:いつも叱る

C:褒めも叱りもしない

D:統制群(普通の状態)

の4つの群を設定し、学習効果について調べました。

その結果、A>B>D>Cという結果がでました。

一方、数日が経つとBのいつも叱る群のみ学習効果が著しく低減しました。

上記から言えることは、職場においてもまずは褒めるのがいいということです。また、C群のように放置するのはよくないということです。

しかしながら、褒めるといっても機能しなくては意味がありません。望ましい行動を増やしたいわけですから、本人の人格ではなく、本人の行動を褒めるようしてあげると効果が高いでしょう(例えば「○○さんすごいね」よりは「○○さんのこういうところは素晴らしい!」等)。

今日から5月に入りました。そろそろ5月病という言葉も聞こえてくる時期かもしれません。休めるときにしっかり休み、より頑張っていきましょう!

 

 




※お問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

◆ お問い合わせフォーム ◆



※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら