Columnコラム

ハラスメント対策

Column

セクハラ、パワハラ、マタハラ(マタニティハラスメント)など、職場でのハラスメント対策は重要な経営課題です。

 

ハラスメント問題はイキイキと働く環境を阻害するだけではなく、訴訟リスクもはらんでいるからです。

 

専門の相談窓口を設置するのはもちろん、予防研修を行うのが大事です。またこれまでの防止策の実績をいつでも主張できるよう記録をまとめておくことも大事です。

 

一方個人に対しては、いつも記録を付けることをアドバイスしています。

 

PCのデスクトップにエクセルを作っておき、その中に「日時」、「相手の言動・行動」、「その時感じたこと」という項目を作っておき、ハラスメントと感じた時に記録を日々付けるのです。

 

記録を付けることによって、気持ちの整理ができることはもちろん、いざ会社に訴え出るときには証拠になります。

 

会社としては、訴えを受けた時にすぐに事実関係を再確認し対処することが大切です。そのためのアクションプランを事前に作成し少なくとも管理職間では浸透させておきましょう。

 

ハラスメント対策の相談も当事務所は受け付けています。

 

www.officecpsr.com

こころと法律の専門家です



 

 

 

 








※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら