Columnコラム

管理職が遅刻魔!?

Column

「監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者」は労基法41条により時間管理の適用除外となっています。

 

極論ですが、管理職は別に、いつ来ていつ帰ってもいいわけです。

 

しかしながら、一般者はきちんと始業時間に来ているのに、管理監督者がなかなかこないのでは仕事になりません。

 

その際に事業主は、ペナルティとして就業規則に定めた上で、賃金の1日分については半日分以内、総額が支払い期間の賃金の10%以内が上限ですが減給することは可能です。

 

そもそも、遅刻する人を管理監督者として指名することは、ほかの頑張っている人のモチベーションを間違えなく下げますから、管理監督者の再考をすることはもちろんとして、制度として一般者からの不満が出ないものを構築しておくことが「頑張る人がより頑張れる環境作り」の1つになると思います。

 

 

 




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら