Columnコラム

その医療保険必要ですか??

Column

人事の仕事をしているとき、不思議だったことがあります。

 

それは、損害保険、特に入院医療保険に入る人が多かったことです。

 

万が一の時に備える! それ自体は理解できるのですが、

 

そもそも公的保険にもそのような機能はあります。

 

それが、高額療養費制度というものです。

 

同月内(例えば7月なら7月内)という制限や、外来と入院、診療科目ごとという制限はありますが、ざっくりいうと、ひと月で80,100円以上医療費の自己負担額が超えた時は、超えた部分の1%だけ負担してくれるといいよという制度です。

 

この制度は、長期入院等したときにとても助かります。

 

 

Office CPSR(臨床心理士・社会保険労務士・産業カウンセラー)ブログ

 

 

ただ、高額療養費という制度をご存じない方がとても多いと思います。

 

さらに、組合健保の場合、上記80,100円がはるかに低い場合があります(付加給付として)。

 

 

 

事業主としては、上記制度を告知することによって、働く人の安心感が増え、頑張る人が

より頑張れる環境作りができると思います。

 

ぜひ一度ご自身の会社の健康保険を確認して、告知してみてください!!




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら