Columnコラム

賞与支給月の途中で退職した人の社会保険料の扱いについて

Column

6月は多くの企業で賞与を払われることが多いかと思います。

 

 

賞与は、あくまでも賞与支給日に在籍している人(在籍日支給要件といいいます)に対して支給するという規定が多いです(規定化していない場合は、規定化することをおすすめいたします)。

 

 

たとえば賞与支給日を6月10日、退職日を6月11日のケースの場合。

 

 

 

 

 

 

所得税     原則通り控除

 

健康保険料   控除せず

 

厚生年金保険料 控除せず

 

となります。

 

健康保険料、厚生年金保険料はあくまでもその月の末日時点で、被保険者かどうかで決まりますので、注意が必要です。

 

 

うっかり賞与から控除してしまいますと、後々やめた後にトラブルになるケースが多いため、実務上は注意が必要です。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら