Columnコラム

遅刻?? の時の取り扱い

Column


遅刻した社員から有給で処理してほしいという申し出があったが、よいのか?

 

結局午前半休としたが、結局その社員は出社し、10時ごろから働いているが問題ないか?

 

 

というお問い合わせをいただきました。

 

みなさまの会社ではどのように処理されているでしょうか?

 

今回当事業所のアドバイスとしては、

 

・原則は、就業規則に定められている通り(定めていない場合は早急に定めましょう)、遅刻の分だけ賃金が減額となります(ノーワークノーペイの原則)。

 

・しかしながら、本人が上記減額に対して、労働者の権利としての年次休暇の取得を申し出、使用者側も承認し、さらにその後労働者の自由の意志で働いているのであれば問題ない。

 

とアドバイスいたしました。

 

一方で労働者側が、半休の行使を申し出ているのにもかかわらず、(たとえば役所へ行きたいと言った社員に対して、それなら10時ごろには戻ってこられるだろ)と、権利の行使を妨げるのは問題なので注意してくださいとも申し添えました。

 

 

社会人として、遅刻しないというのは当然のことではありますが、上記ケースに会社としてどのように対処するか、内規としてでもいいので定め、統一的な対応ができるようにすることが大切です。

 

公平性は、頑張る人がより頑張れる環境作り、の大切な要素だからです。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら