Columnコラム

問題となる特徴よりもそこから生じている問題に焦点を!

Column

 

よく職場で「あの人○○だよねー」ということを聞きます。

 

例として、「あの人空気読めないよね」のケース

 

空気が読めない=コミュニケーションが苦手といえます。

 

もっと踏み込んで考えるとコミュニケーションが苦手で仕事上で問題が起こっている状態が維持されているともいえます。

 

例えば、

・仕事中に何をしたらいいかわからず、ただ机に座っている

 

等です。

 

 

空気が読めないですと問題が漠然としていて解決策が見つからないことが多いですが、一歩踏み込んで具体的に問題(現在維持されているもの)を考えると解決策が見つかることが多いです。

 

例えば

上記のケースでは、口頭での指示が苦手な可能性がありますので、文章(現在ですとメールなど目で見てわかる形)で指示をする等があります。

 

先の記事でも書いた、維持要因(現在)と、「で、結局なにが問題なのか」を組み合わせて考えると解決に結びつくことが多いと感じています。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら