Columnコラム

従業員モチベーションアップのコツ ~ボーナスよりも効果的なのは~【経営者向け】

Column

ビジネスマン

 

多くの経営者の方が、従業員の仕事に対するコミットメントを増やすにはどうすればいいのかについて悩んでいると思います。
従業員のモチベーションアップには、行動科学から仕事行動を維持する機序を理解し、それに対して働きかけることです。

部下の仕事行動を維持している要因とは

モチベーションが高い状態とは、どんな状態でしょう!?行動科学では、モチベーションが高い状態を、仕事行動が高頻度で発生していると考えます。行動科学は、仕事行動の維持には、仕事行動が生起した後に、従業員にとって良いことがあることまたは、従業員にとって悪いことがなくなることによって、その行動が維持されると考えます。したがって、その仕事行動を増やすためには、仕事行動が生起した際によいことが、起きればよいのです。

仕事行動は、強化によって増やすことができる

行動科学では、仕事行動の後に従業員にとって良いことを意図的に起こすことを強化と呼びます。強化は、仕事行動の起きた、60秒以内に起こると、効果が高いといわれています。(しかし、人間は言葉による振り返りができるために、最長で2週間ぐらいまで可能です)強化の例として、多くの方は、ボーナスや給料を思い浮かべるのではないでしょうか?しかし、年2回のボーナスでは、頑張ってした仕事も強化されるのが、半年後となってしまうために、仕事行動を増やすという点では、あまり機能していない可能性があります。

 

お互い強化をする仕組みを社内の導入する

半年ごとに強化するのではなく、すごく頑張ったときにすぐ褒めることができる仕組みを社内に導入すればいいのです。例えば、名刺にその人にスキルシールを張る、サンクスカードをその場で渡す。褒める機会を増やすなどなんでも構いましせん。応用編として、この強化のタイミングは、毎回ではなく、ランダムにするとよいといわれています。なので、仕事で忙しい中で、毎回部下のところに行きほめるのではなく、偶然に部下と顔を合わせたときに、「この前のあの仕事よかったね」、「〇〇に仕事、すごくよかったよ」「〇〇してくれて、ありがとう」などなるべく具体的にほめると、仕事行動が維持されるといえます。
また、結果をほめるよりも、プロセスをほめた方が、行動が維持されることが明らかにされています。
したがって、目標に向けて進んだプロセスをほめてあげることで、その従業員のモチベーションアップにつながります。








※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。

※公認心理師必須センテンス(学研メディカル秀潤社)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-4400-1277

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら