Columnコラム

ストレスチェックはどれくらい受けたらよいのでしょうか?

Column

洋書

 

ストレスチェック制度が義務化されて、1年が経ちました。きちんと初年度実施した企業にとって結果をみて、次の一手に悩まれている時期かと思います。

 

ストレスチェックの結果でわかることとして、職場の状況やストレスの状況などがありますが、ほかにもわかるものがあります。
それは受検率です。受検率とは言葉の通り従業員に配布したストレスチェックのうち回収できた率のことです(回収はしたけど回答がないというものは除く)。

 

多くの企業でこの受検率はどのくらいあればよいですか?と聞かれます。
ある機関の調査では、従業員のストレスチェック受検率の平均は88.4%で、さらには、従業員の9割以上が受検した企業が全体の約6割(59.6%)を占め、受検率100%の企業も5%を上回っていた。企業規模別の受検率(平均)は、従業員数「51~100 名」で91.6%、「101~300 名」で88.7%となり、いずれも全社平均より高くなったという結果が出ているとのことです。

 

当事務所の結果でも、おおむね平均は8割程度でした。

 

このことから、まず初年度としては、平均受検率が8割を超えていれば、まずは成功であった(従業員からの信頼もあった)と言えるでしょう。
ただし、今回の結果はあくまでも初年度の結果です。大事なのはこれからきちんとストレスチェックの結果を活かすなどしていくことです。
初年度の結果に喜んで何もしないでいると、従業員の方の期待は落胆にかわり、次年度は受検率が急降下という結果になりかねません。
そのようにならないためにも、きちんと従業員のケアを考えていく必要があります。

 

具体的な施策については、以前の記事(ストレスチェック実施後の対策でそれほどお金がかからない方法とは【経営者向け】)もご参照ください。




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら