Columnコラム

高ストレスな職場でうまく仕事をアサインするには【管理職向け】

Column
銀杏

 

仕事をしていく上で、ストレスとは切っても切り離せない関係であると言えます。ましてやストレスのない職場なんて存在しないのが現状ではないでしょうか?

しかしながら、客観的にみて同じストレスと思える職場でも、不調者が出て休職する人が続出する職場と、そうでない職場が存在することは皆様も感じているところかと思います。

では?どうすればストレスが高い職場で、うまく仕事をアサインできるのでしょうか?

不調者が少ない職場では、従業員が以下の3つの特徴を持っているように感じています。

 

1.自分の時間を自分でコントロールしている感

 

ストレス研究の分野では、自分で自分の時間をコントロールしている感(専門的には裁量度と言います)が高いほどストレス反応が低いことが知られています。経営者などはとても激務なのですが、ストレス反応は低いです。これは裁量度が高いことで説明ができます。

しかしながら、自由に部下に裁量度を持たせることは通常の職場では困難かと思います。そこで出てくるのが、この自分の時間を自分でコントロールしている感です。これはちょっとした工夫で高めることができます。例えば、スケジュール帳に自分で休憩時間を記入しておき、その時間になったらきちんと自分の意志で休憩をとるのです。こうすることで自分でコントロールしている感が高まり、その結果ストレス反応を低減させることができます。このようなコツを部下に伝えることで、不調者を未然予防することができます。

 

2.先の見通しがついている感

 

いつ終わるかわからない作業はとてもストレスフルです。そういう意味では、いまは大変ですがいついつまでには確実に終わる、と先の見通しを付けてあげることが大切です。そしてその見通しは、ずるずる延長しないよう注意しないと、部下からの信頼がなくなってしまいます。

 

3.信頼され認められている感

 

職場のメンタルヘルス対策をしていて最後に必ず行きつくのがこの信頼され認められている感です。ある意味永遠のテーマかもしれませんが、職場での信頼感が高いところはパフォーマンスも高く、不調者もあまりいません。そのためにはきちんと部下の存在を認めてあげて、信頼していることが大切です。具体的な工夫例としては、あるマネージャーは部下全員の名前を手帳に書いておき、朝の10時までに全員に一言話しかけることを自分に義務化しています。このようにして、毎日コツコツと信頼関係を築いているのです。この職場は社内でも有数の数字をあげている職場で、激務で知られていますが、不思議なことに不調者は存在しません。毎日のコツコツとした積み重ねが大切なんだと考えさせられたケースです。

 

以上3つはあくまでも一例です。働くうえでストレスはなくすことはできません。だからこそうまくマネジメントしていきたいものです。




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら