Columnコラム

ストレスチェックでわかる、ストレス以外のこととは?【経営者向け】

Column

ストレスチェックを2015年12月以降数多くの企業で実施してきました。

ストレスチェックなので、当然会社のストレス状況や個々人のストレス状況を把握することができます。

いろいろな会社へストレスチェックの結果を報告しに行って、ストレスチェックはストレス状況以外も把握することができるんだなと気づきました。

ストレス状況以外に気づけることとは??

それは、従業員が会社をどの程度信頼しているかというバロメータの一つになるということです。

普段から会社への信頼感が高い会社では、回収率も回答率も良い傾向があるようです。

逆に会社のことを信頼していないという状況では、回収率も回答率も低いと言えます。

会社への信頼感が高いほど、休職者の発生割合も少なめな印象を受けています(まだ統計的には検証していませんが)。

会社としては、初年度まずストレスチェックを実施し、回答率や回収率が低い(8割を切る)ようであれば、どうしてそのような結果になったのかを検討することで次の一手につなげることができると思います。

また、今年の結果がよかった会社も油断は禁物です。ストレスチェックを実施するだけ実施して、その後何もやらない会社は、従業員からやってもしか方がないと思われて翌年の率が減ることも考えられます。

初年度より来年の率が良くなるよう施策を考えていくことが大切であると言えます。




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら