Columnコラム

従業員数が少ないといってストレスチェックをしなくてよいのか?【経営者向け】

Column

ヒントの女性の図

 

2015年末に大型法改正

2015年12月1日よりすべての企業で従業員に対するストレスチェックの実施が義務化されます。

これまでのまとめは、ストレスチェック義務化Q&Aのページまとめてありますので、ご覧下さい。

多くの経営者にとって関心が高くなる法改正ですが、今回の法改正では50名未満の企業は努力義務となっています。

努力義務だからひとまずいいやと考える経営者の方も多いのですが、Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所では、50名未満だからこそストレスチェックやメンタルヘルス対策をするべきだと考えています。

なぜなら1000名を超えるような企業で1名メンタルヘルス疾患でお休みあるいは退職するインパクトと、50名未満の会社でのインパクトは後者のほうがはるかに大きいからです。

ストレスチェックをすることで、会社が従業員のことを大切にしている。例えば社外に相談窓口を設置することを併用することで、従業員はこれまで以上に安心して働くことができるようになります。

 

安心して働くことができる職場は、生産性の高い職場の基本です。生産性の向上から業績向上まで目指すのが、当事務所のメンタルヘルス対策です。

日本唯一の業績向上のためのメンタルヘルス対策を導入しませんか?




※PHP出版 THE21 2016年6月号
ストレスチェック・企業のメンタルヘルス対策の専門家として3ページ取材されました 好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら