Columnコラム

派遣元にもセクハラ防止義務があります【経営者向け】

Column

困ってる女性の図

 

ある日セクハラ問題が明らかになりました

セクシャルハラスメント、いわゆるセクハラ問題が発生したとき、経営者は迅速かつ適切に問題に対処することが求められます。従業員を守るためにも、会社を守るためにもきちんと対処しなくてはなりません。

 

派遣先と派遣元の責任は?

さて、派遣労働者に対するセクハラの場合、実際に働いている場所は派遣先企業になります。派遣先企業でセクハラ防止策はもちろん必要ですが、派遣元はどうなのでしょうか?

 

ある裁判例(大阪高裁平成25.12.20)を例に説明します。

  1. 派遣労働者X(女性は)派遣会社に登録していました
  2. 派遣会社から派遣先へ派遣されました
  3. 派遣先の上司AはXにセクハラをしました
  4. Xは派遣先および派遣会社に苦情を言いました
  5. 派遣先は上司Aを一度は異動させますが、その後もとの職場に戻しました
  6. 5.の際にXが職場にいると仕事がしづらいということでXの派遣契約を解約しました
  7. Xは派遣会社の上司Bにも苦情を何度も伝えましたが特に何もしませんでした

というケースです。

 

派遣元の責任は?

この場合派遣元が責任を問われることはあるのでしょうか?

 

結論としては、派遣会社は50万円の支払いを命じられました。派遣元の責任が問われたわけです。特に大事な点としては、派遣会社上司Bが相談を受けていたのに何もしていなかった。やるべきことをやっていなかったと認定されたことです。一方派遣先会社は、一応は異動させたとして責任は問われませんでした。

 

派遣会社は契約上派遣先の意向に背くことは困難な面もあります。しかしながら、不当解雇に対する抗議などやるべきことをやっていない場合、派遣元も責任を問われる可能性があります。

 

派遣労働という特殊な雇用形態ではありますが、同じ職場で働く人は同じように配慮が必要です。




※先輩に聞いてみよう! 臨床心理士の仕事図鑑(中央経済社)好評発売中



※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※図解ストレスチェック実施・活用ガイド(中央経済社)好評発売中

※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



※なぜストレスチェックを導入した会社は伸びたか?(TAC出版)好評発売中


※画像をクリックいただくとAmazonにて購入することができます。



ストレスチェックQ&A まとめページはこちらから。




ストレスチェック制度Q&A冊子を
無料プレゼント実施中です。

下記資料請求フォームよりお申し込みください。

資料請求フォーム

*印は入力必須項目です。

ストレスチェック制度Q&A冊子

お問い合わせ

各種ご相談承ります。お気軽にご相談ください

TEL 03-6384-7472

受付時間 9:00 - 18:00 [平日]

Contact

Pick up

あなたの会社は大丈夫?ストレスチェック義務化について詳しくはこちら